2016年12月21日水曜日

速報 師円選手3連覇達成!!!

師円選手が全日本スピードスケート選手権大会で 総合3連覇達成しました。

師円選手は1日目、500mで9位、続いて行われた5000mで2位で暫定総合1位になり、
本日行われた、1500mで3位、最終種目では2位と健闘し、総合1位に輝きました!!!






全4種目を制し完全優勝した高木美帆選手と。


第3位 一戸 誠太郎選手        第2位 土屋 良輔選手 と。

皆様の熱い応援どうもありがとうございました。
また、ワールドカップ後半戦に向けて、更なるご声援よろしくお願いいたします。

2016年12月20日火曜日

全日本SS選手権大会 1日目終了 師円選手トップ

全日本スピードスケート選手権大会 師円選手 一日目の競技を終え、現在トップです。


500m、5000mの総合結果です。
昨年度の合計得点、76.156よりも良い得点で現在トップ!



以下、時事通信(yahoo Japan ニュース)12/20版より抜粋

男子トップはウィリアムソン―全日本スピードスケート

スピードスケートの全日本選手権第1日は20日、北海道・明治北海道十勝オーバルで男女の前半2種目が行われ、女子は初優勝を目指す高木美帆(日体大)が500メートル、3000メートルとも1位となり、合計80.110点で総合首位に立った。男子は3連覇を狙うウィリアムソン師円(日本電産サンキョー)が75.837点でトップ。
 
ウィリアムソンは5000メートルで2位に入った。総合2位は中村奨太(ロジネットジャパン)、3位は三輪準也(フィットラボ)。
 高木美は最初の500メートルで38秒74。3000メートルは4分8秒22でリードを広げた。押切美沙紀(富士急)が2位、佐藤綾乃(高崎健康福祉大)が3位。


500mの結果です。


  続いて行われた、5000mの結果です。

3連覇に向けて明日も頑張れ!師円選手! レミ選手もがんばれ!

皆さんの応援よろしくお願いいたします。


2016年12月18日日曜日

第84回全日本スピードスケート選手権大会

第84回全日本スピードスケート選手権大会のお知らせです。

12月20日(火曜日)~21日(水曜日)、帯広の明治十勝オーバルにて、第84回全日本スピードスケート選手権大会が行われます。

この大会は、一昨年、昨年と師円選手が総合優勝している大会で、今大会は3連覇が期待されている大会でもあります。

この大会は、ワールドカップ後半戦の日本代表選考会も兼ねており、別名「オールラウンド選手権」とも呼ばれ、この大会に勝つためには短距離から長距離までの距離をこなす能力が求められます。

得点算出の方法
1人の選手が距離の異なる4種目を滑り、そのタイムをポイント化し、合計得点で総合優勝を争います。競技順に、男子では500m、5000m、1500m、10000m、女子では500m、3000m、1500m、5000mの4種目を行います。得点は、500mがタイムそのまま、それ以外の種目ではゴールタイムを500m換算のうえ(たとえば5000mならばタイム÷10を)加算していきます。4種目の合計得点が少ないほど上位となります。
最終種目(男子10000m、女子5000m)に出場できるのはそれぞれ上位の12名のみとなります。

お時間のある方はぜひ現地の帯広へ、
皆さんの熱い応援をよろしくお願いいたします。



2016年12月4日日曜日

ISU ワールドカップ Astana 師円選手パシュート優勝! 5000m6位入賞!

カザフスタン Astanaで行われた、ISU ワールドカップ 第3戦 Astana大会(2016.12.2-4)の結果です。

師円選手は、初日、5000mA組に出場し、6:26.78の好タイムで6位入賞しました。



以下、SANSPO.COMより引用
http://www.sanspo.com/sports/news/20161203/ska16120301350003-n1.html

ウィリアムソンが初のトップ10入り「今できるベスト出せた」 男子5000Mで6位/スピード
 スピードスケートのワールドカップ(W杯)第3戦は2日、カザフスタンのアスタナで開幕し、男子5000メートルはウィリアムソン師円(日本電産サンキョー)が6分26秒78で6位に入り、土屋良輔(専大)は9位だった。
男子5000メートルでウィリアムソンが初のトップ10入りとなる6位。オランダの強豪選手が出場を見合わせたレースだったが「タイムもレース展開も、今できるベストを出せた」と口調は滑らかだった。上位を狙う3日の団体追い抜きに向けても弾みがつく結果となり「日本選手の調子は上がっている。表彰台に立ちたい」と意気込んだ。(共同)
また、2日目に行われた、チームパシュートでは、男女とも日本が優勝!男子は中村選手-土屋選手-師円選手、女子は髙木姉妹-押切選手!!


動画です↓


video






以下、NHKニュースより引用


スピードスケートW杯 団体パシュート 男女とも日本優勝






カザフスタンで行われているスピードスケートのワールドカップ第3戦は、3日、2日目の種目が行われ、団体パシュートで男女ともに日本が優勝しました。
団体パシュートは各チーム3人が滑って、最後にフィニッシュした選手のタイムを競います男子の団体パシュートには、中村奨太選手と土屋良輔選手、それにウィリアムソン師円選手が出場し、3分44秒10のタイムで優勝しました。
女子は、高木美帆選手と姉の菜那選手、それに押切美沙紀選手の3人が出場し、2分57秒75のタイムで優勝しました。
高木美帆選手はこの日、個人種目の女子1000メートルでも優勝していて、2種目での優勝となりました。


また、小田卓朗選手(水戸開発研究所)は、2日目の1000mA組に出場し、1:09.06で3に入賞し、初の表彰台にあがりました。






2016年11月20日日曜日

ISU ワールドカップ 第2戦 長野大会

長野県エムウェーヴで行われた、ISU ワールドカップ 第2戦 長野大会(2016.11.18-20)の結果です。

師円選手は5000mA組に出場し、6:30.00のタイムで14位でした。



5000mB組では土屋選手が6:23.99の好タイムで優勝です。



また、師円選手は1500mB組に出場し、1:47.75のタイムで2位と健闘しました。


その他、マススタートでは16位でした。チームパシュートでは、中村選手-師円選手-一戸選手-土屋選手のチームで5位と健闘しています。

小田卓郎選手は、1000mA組に出場し、ベストタイムの1:09.80で13位、また1500mA組にも出場し、1:47.24で8位と健闘しています。

第3戦は12/2-4 カザフスタン共和国のAstanaからです。
皆様の応援よろしくお願いします。




2016年11月13日日曜日

ISU ワールドカップ第1戦 ハルビン大会(中国)

いよいよスケートシーズン本番。ワールドカップ前半戦の第1戦 ハルビン大会が始まりました。


師円選手は、11/11、5000mB組に出場し、日本人選手の中では1位、B組では4位と健闘しました。



また、本日行われた、チームパシュートでは、小田卓朗選手、土屋選手、中村選手とチームを組み4位と健闘しております。



さらに、マススタートにも出場し、B組6位と健闘しました。



1000mでは、浦河町出身の小田卓朗選手がB組2位と健闘しています。5位の中村選手も十分にA組で競えるタイムです。今後が期待されます。


女子では500mで小平選手が優勝、辻選手が2位と表彰台を飾りました。


来週からは日本に戻って11/18-11/20 長野 エムウェーヴで第2戦です。
応援よろしくお願いいたします。






2016年11月5日土曜日

2016全日本スピードスケート距離別選手権大会動画

SBC杯 第23回全日本スピードスケート距離別選手権大会の動画です。


マススタート 優勝 07.51.18


5000m 大会記録で優勝 06:26.75


1500m 大会記録 3位 01:47.93


1000m 9位 01:10.84

2016年11月1日火曜日

第45回PTAバレーボール大会

師円選手の母校、浦河東部小学校、Bブロック優勝決定の瞬間!


みなさん、こんばんは。また今年もこの時期がやってまいりました。そう、PTAの皆さんが楽しみにしている、浦河町学校区対抗父母混合バレーボール大会です。2016年10月30日(日)浦河町ファミリースポーツセンターにて、毎年恒例のPTAバレーボール大会が行われました。

今年はなんと、師円選手の母校である、浦河東部小学校AチームがBブロック優勝、そして浦河第二中学がCブロック優勝のダブル優勝を飾りました!
師円君の母校、浦河第二中学、Cブロック優勝の瞬間!

東部小Bチーム×町P OB-Bチーム それっ、チャンスボール!
 
東部小Bチームも頑張りました。勝ち星を1つ上げ、Dブロックの順位を1つ上げました。3チーム合わせて7勝は、近年まれにみる好成績です。

45回ということは、そうです、なんと45年続いているのです。ここまで来ると浦河町の伝統行事です。もう、親に連れられてきていた小学生が、PTAとして参加しており、親子2代(ひょっとして3代目も?)の方もいらっしゃいます。
体育館のボイラーが故障するというハプニングの中、熱気に溢れた会場は気持ちの中ではサウナ状態です。
東部小Aチーム、エースの猛アタック!早すぎてカメラの性能が追いつきません!


今年もバレーボールが好きなPTA(飲み会の好きな?)約200人が集まりました。この人数なので、過去の成績により、A~Dブロックまで4つのブロックに分かれ試合が行われます。1ブロックは4チームで、全部で16チームが揃います。1チーム9人制で男性は3人まで後衛のみ入ることができます。
サーブ、こ~い!前、前~、しっかり~。

浦河第二中学の橘校長も円陣に入り、激励に参加していただきました!


 各ブロックの優勝チームは次年度一つ上のブロックに昇格します。しかし、最下位のチームは下のブロックに落ちてしまう入れ替え戦ですのでみなさん真剣そのものです。
東部小Bチーム×堺町小A ブロック~決まったか~


小中みんなで応援にも熱が入ります!お弁当を食べてる暇がありません。(by Yっち)


 
今回は二中が当番校で事務局でした。教職員のみなさんお疲れ様です。
浦河町バレーボール協会於本会長には最初から最後まで大変お世話になりました。

浦小B×浦河第二中学 本大会Cコート初戦 どちらもいい仕上がりでミスの少ない接戦。緊張した一戦でした。

堺町小Bチーム チームワーク抜群。頼んだぞ~!ナイスレシーブ!



町P OB-Aチーム 残念!アウトかっ! OBにも参加してもらえるのが嬉しいですね。 


町P OB-Bチーム、しゃべりも元気も最高の少数精鋭チームです!


浦河高校Bチームの熱戦!スパイク決った~!

浦河第一中学Aチーム スパイクどうだ~決まったか~!


荻伏小A×町P OB A 選手も審判もVリーグなみの真剣さです。

浦一中×浦河高校B 小中だけではなく高校PTAも参加しています。



さて、最強ブロックのAブロックでは、昨年度の覇者・浦一中Aチーム連覇なるか、それとも昨年準優勝の荻伏小AチームのV奪還なるか!に注目が集まりました。

しかし優勝したのはなんと昨年Bブロックから昇格したばかりのダークホース浦河小Aチームでした。昨年度の勢いをそのままに、昨日、日本一を決めた北海道日本ハムファイターズの勢いが乗り移ったかのような(どなたか猛烈なファンがいるのでしょうか?)素晴らしい試合運びで強豪を次々と撃破し、みごとに最強ブロック優勝です。

優勝を決め、歓喜に沸く浦河小Aチーム。お見事でした。優勝おめでとうございます。

本大会で台風の目となった浦河小学校チームのみなさん。
ABともに素晴らしいチームワークでした。来年も活躍を期待しています。
写真提供ありがとうございました。


各ブロック優勝チームに送られるトロフィー 左からA~Dブロック。
ペナントには歴史が刻まれています。


本大会の結果です。この結果で来年度は入れ替えがあります。

恒例のお疲れ様でした会。この日のための練習の日々。今日はファイターズ日本一の分まで飲むぞ~。

こちらも酒豪ぞろいです。
お父さんたちの席。もう出来上がっています。

今回頂いたB・Cブロック優勝カップ

やっぱりやっちゃいました。カップ酒。ダブルT郎さん達。

こっちでも、やっぱり好きですね~!いいよ~元気マン!

二次会では歌い、踊りまくりました。明日仕事だけど・・・大丈夫?

師円選手の母校、浦河第二中学・東部小学校のみなさん

師円選手はこんな地域の方々に見守られて育ちました。
やっぱりみなさん、浦河町が大好きです!

シーズンは始まったばかりです、
ガンバレ!師円選手